トイレリフォームを業者に頼んでもつまりは発生する

つまりがよく発生するようになったタイミングでトイレリフォームを考えるのもおすすめです。その際に水道 評判が良いトイレリフォーム業者を選ぶことが重要ですが、中々そのような業者を選ぶのは難しいものです。しかしある程度自分で値段の相場やサービス内容などを把握しておくと、失敗してしまうリスクを下げられます。
一般的に便器の交換だけであれば10万円程度で済みます。和式から洋式にトイレリフォームする場合には30万円から50万円程度でタンクレスや節水タイプなどを選ぶと更に高くなります。このように相場の値段を知っておくだけでもとても安心です。

■節水タイプはつまりやすい

水道 評判の良い業者にトイレリフォームをしてもらい、最新の節水タイプを設置してもらったにも関わらず何故かつまり易いと感じる場合があります。実は節水タイプのデメリットとしてつまり易いことが挙げられるのです。
これはトイレの故障とかでは無く、もともとこのような性質のものなので仕方がありません。節水タイプはその名の通り以前の製品に比べるとかなりの水の量が抑えられたトイレです。便器内の設計によって少ない水でも効率よく流せるのが特徴ですが、流すものの量が多ければ流し残しが発生してしまいます。そのため水を少なくすると必然的につまりやすくなってしまうのです。

■よくつまってしまう時の対処法

節水タイプがつまりやすいというのは構造上仕方の無いことですが、つまりをある程度防ぐための対処法もあります。まず一回に流す量を調節することです。少ない水に対して、排泄量やトイレットペーパーなどが多すぎるとつまりやすくなりますので、複数回に分けて流すのがもっともおすすめです。
もしそれでも頻繁につまってしまうようであれば他に原因があります。例えば家の立地条件がそもそも節水タイプに向いていなかったり、排水管が劣化していて節水タイプには対応しきれなかったりする場合です。このような場合は2種類対処法しかありません。
一つは元の構造のトイレに戻すか、排水管自体を立地条件に適した配管構造に変えてしまうかのどちらかです。しかし排水管を変えるとなると高額になってしまいますので、この場合は元に戻した方が得策と言えます。

■まとめ
最新型のトイレにしたのに逆に詰まりやすくなってしまって残念な結果になることもあります。しかし本来節水タイプとはそのような性質のものなのです。もし節水タイプに変える場合は先に節水タイプに適した立地条件なのか、排水管は大丈夫なのかを調べておくことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ