壁はトイレリフォームでも重要な要素

トイレリフォームをする際には壁も重要な要素です。しかし壁だけをリフォームする場合はそこまで費用はかかりません。壁だけのリフォームの場合は便器交換などの大掛かりな工事とは違い、基本的にクロスを張り替えるだけだからです。
しかし、壁はその空間を居心地がいいものにするか、悪いものにするかを左右する重要な要素です。壁のリフォームがトイレを居心地いい空間へ変える為の一つのチェックポイントとも言えるでしょう。

■クロスを選ぶコツ

トイレリフォームでクロスを選択する時に重要なのが、派手なものや個人の好みの色が強いものはなるべく避けるべきということです。自分の家なのだから好きなデザインの方が良いだろう、と思ってそのように改装すると後から後悔してしまうかも知れません。
快適な空間にするには基本となる配色ルールというものがあります。まず基本的には圧迫感を与えない明るい色を基調とするのが大前提です。白の他にベージュやほのかなグレー、水色などのシンプルで優しい色を使用します。これだけでもトイレに清潔感が出てきます。ただし真っ白なものは汚れが目立つため避けたほうが良いでしょう。
次に柄物を選ぶ時のポイントですが、大きい柄よりも小さい柄を選んだ方がスペースを広く魅せることができます。大きい柄は視覚的に圧迫感を与えるため、狭いスペースでは逆効果になりがちです。このように基本となるルールを覚えておくとよいでしょう。

■機能性を併せ持ったクロスもある

クロスは室内空間を広く魅せたり、きれいに明るく演出したりするものですが、それ以外にも実用的で少し変わったクロスもあります。それが機能付きクロスです。まず消臭機能を併せ持ったものがあります。
クロスの表面に消臭剤が施されており、ニオイのもとである臭気のガスがクロスに付着すると化学反応を起こし、臭いのもとを分解して消臭します。一般的にこの効果は商品にもよりますが5年から10年は続きます。また太陽光などの紫外線と化学反応を起こして消臭するタイプのものもあります。こちらは半永久的に効果が続きます。
次の変わり種がマイナスイオンを発生させるタイプです。こちらは天然鉱石をクロスに配合することによって、リラックス効果を発揮するマイナスイオンを常に発生させることができます。空気中の水分と反応する仕組みで、半永久的に効果があります。

■まとめ
壁はその空間に影響を与える大切な要素です。明るく広々清潔感を出したトイレにしたいと思ったら、クロスを工夫してみることをおすすめします。普段意識しない壁も思い切ってこだわりのあるものに変えてみるとよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ