トイレリフォームをする際は節水タイプがおすすめ

トイレリフォームをする際は節水タイプがおすすめ トイレリフォームを行う際は水道 評判の良いリフォーム会社に依頼することが何より重要です。安さだけで選んだりたまたまインターネットや折込み広告で目にした業者にそのまま依頼することはおすすめできません。
一般的な市場の価格はいくらなのか、工事期間はどのくらいなのか、またアフターサービスまでしっかり対応してくれるのかなど、ある程度自分でも業者について調べ、内容を把握しておいた方がよいでしょう。またトイレリフォームと言っても10万円以下でできる内容から、50万円以上にもなる内容のものまで様々あります。
便器だけを変えたいのか、スペースを広くしたいのかなど、ある程度どのあたりをリフォームするか決めておかないととても高額になってしまいます。便器一つ変えるにしても電気式で多機能にするのか、余計な機能を省いたシンプルなものにするのかといった装備や備品一つ付けるだけで値段が跳ね上がったりするのです。そのため事前によく調べておくことが大切です。

■自分に合う便器をよく考える

トイレリフォームでどんなタイプのものを選ぶか迷うものに便器があります。人それぞれの体型や使用目的によって選ぶべき便器は異なります。機能性やデザイン性、形式など様々な選択肢がありますが、目的に合わないタイプの便器を選んでしまうとその後とても使いにくいものになってしまいます。
一度リフォームするとそう何度も変えることはできませんので、決める時は慎重になる必要があります。まず1番目のポイントとしては形式です。形式にはタンク付きのものとタンクレスのものがあります。スペースが広く取れない場合はタンクレスにするのも一つの手です。
2番目にサイズです。トイレは座りにくいと疲れます。足がつかなかったり逆に窮屈だったりすると違和感を覚えますので重要なポイントです。最後に価格です。電気式は高価ですので、オート機能などが特に必要無いと思う方は電装系を一切付けないといった選択もあります。

■節水タイプはお得
水道 評判がよく料金が年間でかなり節約できるトイレが節水タイプです。1990年代より前に使用されていたトイレは一回水を流すごとに約13リットルから20リットルの水を使用していました。一方現在の節水型トイレは3.8リットルから6リットルと1990年代に使用されていたトイレの約75%も節約することに成功しました。年間の水道代を考えるとけっこうな金額の差になります。
節水タイプのトイレが、なぜここまで節約できるのかといいますと、便器の洗浄と汚物の排出を同時に行うことができるからです。便器の上部から渦巻状に水を流すと同時に便器内を洗浄、そしてサイフォン効果によって排水まで一貫して行います。この仕組を利用したのが節水タイプです。

■節電タイプもおすすめ

節水タイプのトイレと同時に節電タイプのトイレも人気があります。2019年時点でのトイレは様々なセンサーや電装系が取り付けられていてかなり電気が消費されるイメージがありますが、意外にも各社節電に力を入れていてそこまで目立って電気料金が高くなるようなことはありません。
むしろちょっとの電力で様々な便利機能が使えますので、その金額と見合っただけの機能を堪能することができます。1990年代の貯湯タンク式のトイレですと常にお湯を溜めておく必要があり、とてもランニングコストが掛かっていました。年間で金額にすると約9,000円ですが、最新式トイレの中には約1,900円で済むものもあります。これにエコモードなどが搭載されていると更に14%程度節約できます。電装系が一切付いていないものに比べると当然電気料金はかかりますが、付いている機能の多さから考えると電気料金がそこまでかからないのが特徴です。

■まとめ
トイレは長く使うものですので慎重に選びたいものです。使いづらかったり、コストがかさんでしまうものですとその後とても不憫を強いられてしまいます。時代の流れと共にトイレも進化してきていますので、現在のトイレが古く、快適に使えない場合や修理を考えている場合はリフォームも検討してみましょう。自分の希望するものが見つけられない時は業者に相談してみるのもおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース